共有地会総会

2月1日 12~3時 公会堂 出席者24名(委任状22通)総会成立

 

1.30・31年度事業報告(計画)及び共有地会一般・神明社・薬師堂・阿弥陀堂の各担当の会計報告を行う。

 

2.3年に1度の役員改正、会長鈴木一郎、副会長星野知彦が選任される。

 

4・事業報告特機事項

1)国土交通省指導により、薬師堂、阿弥陀堂のブロック塀の改修工事を命じられ、改修工事に昨年12月より実施、その進捗状況の報告を行う。

 

2)「一般社団法人根岸共有地会」の趣旨説明を行うも、会則を現状に合ったものに返る必要が出て、今後1年以内に司法書士の先生の助言を得て役員会で原案をつくり、再度総会に掛ける。

このままでは、役員不足により共有地会は縮小し、業務のアウトソーシングを行う必要があり年間約250万の費用が必要になる。1人当たり7,000円程度の年間管理費の値上げが必要となる。