自治会活性化事例発表会

8月28日14~16時 さいたま市自治会連合会主催            事例発表日進町「秋祭り」松原自治会五十嵐会長

一度祭りを中止したら、町が寂れ始めた。自治会の労力と金を掛けずに祭りを行うため、老人会、子供会、高校生、大学生、民生児童委員、県警など巻き込み総動員で祭りを開催、演目は出演者に任せ、自治会は後ろで支えて、決して前にでない。小学校の体育館にビールケースで櫓(太鼓は小学生、青年会)をつくり、盆踊りを行う。スケジュールは12~18時の間に、盆踊り、全国第2位の地元高校生チアリーディング、県警音楽隊、小学生吹奏楽部、沖縄エイサーチーム(大学生)、一般参加(ジャズバンド、フラメンコ、台湾民族舞踊等)を披露する。校庭では白バイ、パトカーの展示し交通安全講習会、綿飴、ポップコーン、水風船の販売実施。

午前中には祭りを知らせるために、小学生がダンボールの神輿を担ぎ広報を行う。町であいさつを交わす人が増え、自治会、老人会、子供会の参加者も増えた。