さいたま市南区自治会連合会総会

5月17日(金)15~19時 ベルディ 96名

(写真は根岸自治会長退任表彰式)       1.総会

1)平成30年度事業/決算報告

2)令和元年事業計画/予算案報告

3)退任会長表彰式

2.懇親会                               清水市長、宮崎・木村県会議員、土井・浜口・冨田・野口・萩原・桶本・松下・金子市会議員及び南区宮野区長初め市職員8名の出席の元に、和気あいあいと和やかに行われた。清水市長、議員、職員の方々にお酌をしてもらい、日頃の労をねぎらっていただき、「ヒデキ、感激!」(古すぎ!)

   

 

 

青少年育成会定期総会

5月16日 14~15時 南浦和小学校

南区区長、南浦和小学校、岸中学校、南浦和中学校校長出席(南浦和小学校教頭司会)参加者60名(青少年育成会員、子供会、PTA等)

 

育成会は、入学式、卒業式、運動会、地元節分祭、南小祭、地元夏祭、地元盆踊り、県外研修引率等、児童が安全に参加できるように活動をしております(活動は年間30日以上)。

 

これからも地元の皆様のご協力を頂き、子供たちが、「いつも見守ってくれる人がいる」と思って、安心して過ごしてもらえればと考えています。

自治会総会2019

4月20日(土)PM1~2時 根岸公会堂62名 

 

3期6年務めた会長の交代がありました。前会長は青壮年会の顧問(自治会、消防団などボランティアの人材供給源である青壮年会の創設者)、消防団分団長など地元のために尽力いたしました。お疲れ様でした。                               今回は組長さんより下記の指摘がありました。

1)自治会各イベントの写真をスライドでみたい。

2)理事の顔写真を回覧等で掲載してほしい。

3)毎月の理事会の議事録を回覧してほしい。

4)座るのが苦痛、椅子に座りたい。

 

 

 

 

 

 

シロアリ被害

4月12日 根岸公会堂 シロアリ被害改修工事

 

柱がシロアリに喰い尽くされボロボロになりました。

被害状況を調査するため、工事関係者に床、壁ボードを剥がしていただき、現状の確認をしました。

何故か、この柱のみの被害に留まりました。工事関係者の方も不思議だと話していました。通常約100万匹でコロニー(巣)をつくり家中の木材(セルロース)を喰い尽くすとのことです。断熱効果、耐震効果が弱まるとのことです。     工事は被害にあった柱の交換と、駆除剤を散布していただくになりました。

 

その他薬師堂、阿弥陀堂のブロック塀工事、公会堂法面土木工事、神明社、薬師寺、公会堂の耐震工事が控えています。老朽化と高齢化がダブルで迫っています。

 

桜花の下の宴

4月6日 19時〜 根岸神明社 青壮年会31名    

 

今日は桜の花の下で好きな俳句を披露して、天平文化を偲び、「令和」に想いをはせました。                            「高齢化70歳になってもまだ若手」「定年後犬も嫌がる5度目の散歩」「プロポーズあの日に返ってことわりたい」「入歯見て目をはずしてとせがむ孫」「物かくせ今日はむすめの里帰り」「親の夢こわして子は育つ」「恋敵ゆずれば良かった今の妻」「お茶いれた憎たらしいから指いれた」       平均年齢も70歳を超えた「根岸青年会」、明日から「根岸負け犬の会」と改めます。

 

ゴミ箱設置

ゴミ集積所新規更新 3月25日 9~15時   

 

集合住宅の住民より、ゴミ箱が老朽化して危険なので、オーナーに掛け合って更新するように依頼があった。                     ゴミの収集は行政(自治体)の義務であるが、維持管理{集積所の場所決め(これが揉める)、掃除当番}は自治会の仕事になっています。              自治会に入らない人は、不公平をなくすため自分で直接清掃工場に持って行くことになっています。 約3割の自治体が個別収集を行っていますが、有料化で経費が発生します。

 

出前講座 健康寿命をのばそう!

3月16日(土)14~15時 根岸公会堂 63名

南区役所高齢介護課 矢島主査 青木中央クリニック 中原次長

男性の健康寿命は72歳(寿命81歳)、女性75歳(87歳)。介護要因の第1位は、男性が脳卒中(酒、タバコ)、女性が認知症です。

それを防ぐために、本日はストレッチ方法を教えて頂きました。1)深呼吸2)肩と脇腹伸ばし3)体幹ひねり)4)グーパー体操5)散歩+計算など、ほとんどまともにできず、新ためて自分の体の老化を実感し、介護予備軍であることを認識しました。

H31ラジオ体操開始

3月16日 6:30~ 根岸公会堂広場 40名

 

3月になりラジオ体操が始まると、梅の開花と花粉症で春を来たことを実感します。

今年もまた恒例のお汁粉を食べて、これから11月まで、毎週土曜日ラジオ体操にかこつけて、皆さんの安否を確認します。昨年、一緒に「お汁粉美味しい」と舌鼓を打った方の訃報を聞き、肩を落とします。散々好きなことをやってきた私だからこそ、最後に村の為に尽力したい想いが強いのです。神様、仏様、お迎えはもう少し、待ってください。

リサイクル研修会

3月8日 環境衛生部県外研修会 30名参加 

 

栃木市日立SSの工場内にあるリサイクル工場を見学する。                             テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンの解体作業がベルトコンベアーの流れ作業で行われていた。フロンガス、鉄、アルミ、プラスチックがアッと言う間に分別されて、再利用されるとのことです。    回収業者のほとんどは無許可で、高額な費用を取られ、不法投棄される(必ず家電小売店に持ち込

次に訪れた「小江戸とちぎ」は、川越市、佐倉市と並ぶ「三大蔵の街」、風情があり再訪問したい。

 

 

長岡市復興、森民夫元市長に学ぶ

3月5日 14~16時 南区役所 受講者50名(市職員含む)

森先生(H11~28 5期市長 筑波大教授)は、東大建築科卒(69歳)。

H16新潟中越地震発生、ここから大ドラマ的が展開する。

1)仮設住宅は、コミュニティ単位で入居(老人の孤独死防ぐ)2)復興公営住宅は村単位で移住させる(全国モデルとなる)。3)市役所を駅前に移し、ガラス張りの議会堂、市民交流ホール、アリーナ、屋根付き広場を併設し、アオーレ(会いましょう)長岡と命名する。住民の出会いの場として、市民、役所のコラボのイベントが年間700回開催。毎日がお祭り!建築三賞(建築学会、都市計画、建設業連合会)」受賞。

先生は「自分が楽しんでやっているうちに公益性が出てくる」が持論。

長岡市には長良川の花火しか見に行かなかったけど、これからはアオーレ長岡も必ず寄ろうと思いました。私利私欲がない政治家で、4期全国市長会会長を務める。

 

 

消防訓練

2月24日9~12時 南消防署 根岸・別所・谷田西浦和4分団(約50名参加)

 

震災で家屋倒壊の救助活動訓練を実施する。1)呼びかけによる現状確認 2)チェンソーを使用して建物浸入 3)バール、ジャッキを使用して下敷きになっている人を引きずり出す 4)簡易毛布タンカで搬送                            140万人のさいたま市民を、1,300名の消防署員では救助することはできない。消防団の救助活動が期待される。食料などの備蓄用物置が売れて、現在設置に1ヶ月以上待ちの状態です。

田中良生先生「南区新春の集い」

2月17日18~21時 ベルディ 200名参加

 

田中先生は、南区、桜区、川口市、戸田市、蕨市の5地域を選挙区に持ちます。南区には約1,000の自治会があり、そこの主だった自治会長が参加した。地元の参議院、県会議員、市会議員を従えた「集い」であった。完璧な組織作りに圧倒的された。南区以外でも同じような組織がある。

先生はどぶ板選挙を得意とし、村の初詣、節分祭、夏祭り、盆踊り、お月見会に必ず出席される。    恩に感じて、各自治会長が「集い」に参加する。

副大臣も3回目、次は大臣も狙えます。

根岸阿弥陀堂ブロック塀完成

2月11日 駐車禁止立て看板設置

 

国土交通省よりの指導によるブロック塀の改修工事が、根岸阿弥陀堂分が完成しました。

檀家様お参り専用駐車場」の立て看板も本日設置が終了しました。

来月より根岸薬師堂のブロック塀の改修工事が、約2ヶ月の予定で開始されます。

震災時にブロック塀が倒壊して、事故が発生した場合根岸共有地会が刑事、民事で訴えられる可能性があるため、工事を急いでいます。

ただ寒いとコンクリートが固まらないため、工事は1時中断して、春から始めます。

南区自治連合会研修会

2月6日9~15時 荒川上流河川事務所視察他 50名

荒川の名称は荒ぶる川から命名されました。1910年に決壊し、死者401名、家屋3万戸の破損流失しました。

国が県、各市を従え100年を超える年月を掛け、河川工事を現在も続けております。       河川の蛇行を真っ直ぐに直す支流の合流部の河川の真中に堤を設け合流部の流れを滑らかにしたりしました。現在は堤防の高さ、幅を大きくしたり、堤防の水はけを良くしたりしています。台風が三つ一緒にきても、洪水にならないとのことです。治水より利水で活躍しています。

 

2019節分祭

2月3日 根岸神明社 

今年は日曜日とのこともあり、子供達とその父兄約500名が集まり、神社に入りきれず道に人垣があふれ出ました。

ここ数年、この日は自宅で恵方巻を食べる習慣になってきました。関西では「福を巻く」とのことで食されていました。1977年から翌年の余った海苔を、海苔販売業者が道頓堀でイベント販売し始め、1989年にセブンイレブンが販売して、恵方巻が全国区になったとのことです。バレンタインデー同様、商魂たくましいですね。

共有地会総会

2月1日 12~3時 公会堂 出席者24名(委任状22通)総会成立

 

1.30・31年度事業報告(計画)及び共有地会一般・神明社・薬師堂・阿弥陀堂の各担当の会計報告を行う。

 

2.3年に1度の役員改正、会長鈴木一郎、副会長星野知彦が選任される。

 

4・事業報告特機事項

1)国土交通省指導により、薬師堂、阿弥陀堂のブロック塀の改修工事を命じられ、改修工事に昨年12月より実施、その進捗状況の報告を行う。

 

2)「一般社団法人根岸共有地会」の趣旨説明を行うも、会則を現状に合ったものに返る必要が出て、今後1年以内に司法書士の先生の助言を得て役員会で原案をつくり、再度総会に掛ける。

このままでは、役員不足により共有地会は縮小し、業務のアウトソーシングを行う必要があり年間約250万の費用が必要になる。1人当たり7,000円程度の年間管理費の値上げが必要となる。

 

根岸共有地会総会準備会

1月13日午前10~12時 根岸薬師堂

 

2月1日の総会準備を行いました。病気療養の役員が数名出て一時はパニックに陥りました。拝み倒して数名の方に参加して頂き事なきを得ましたが、人手不足と高齢化アキレス腱となっています。

特に来年度(H31)は国土交通省指導によるブロック塀の改修工事と共有地会の法人化というビックプロジェクトが控えております。       消防団の出初式も本日あり、ダブルブッキングしてしまいました。出初式は市長の前で行進、放水を行い一年間の成果を披露する消防団の見せ場です。

 

大晦日 

1月1日22~3時 根岸神明社 青壮年会30名参加

 

昨年の大晦日とうって変わって非常に寒い初売り(-1℃)(ダルマを市価の1/3、その他焼き鳥、フランクフルト、トウモロコシなど販売)、昨年購入したダルマやしめ縄のお焚きあげも実施してます。

獅子は昨年の”穢れ、災い”を食い尽くし、大黒様は小槌から今年の”健康、出世、金運”振り下ろします。この時手を合わせると御利益は倍増するとのことです。帰宅してホッとした時、両足の内ももが「つり」ました。体は正直です。今年はご自愛します。

火の用心

12月13~26日 21~22時

今年で36回目となる夜警が終了する。期間中は1コース6名ほどで、3コースを回ります。青壮年会主催で祭半てんを着て回ります。

冬は乾燥していて、暖房で火が使うことが多いので火災が多い。                 起源は約400年前の「長篠の合戦」中に徳川家康の家臣の本多作衛門が、城に残る家臣に手紙で、「火の元には気を付けるように」と書いたことから始まったと言われています。年末には息子夫婦が帰省、同居の娘夫婦と合わせて孫は3人になる、「来て良し、帰ってさらに良し」女房は必ず寝込みます。

大掃除

12月23日 9~12時 公会堂、薬師堂、神明社

 

1.共有地会と青壮年会合同(50名)による大掃除を行う。90Lゴミ袋100袋ほどのゴミがでました。以前は共有地会だけで行ったのですが、高齢化のため3年前から青壮年会の協力を仰いでいます。

2.その後、共有地会の役員会を実施。

1)法人化について浦和税務署との打合内容報告

2)国交省指導によるブロック塀の改修工事進捗状況報告

3)役員改正についての腹案発表

 

 

自治会 忘年会

12月22日 18~20時 魚座 22名

本日は理事会、統一パトロールがあり、自治会三昧の一日でした。今年も忘年会で全ての事業は終了となります。私は自治会、共有地会、消防団、青壮年会に席を置き、今年は140の案件をこなしました。プライベートでも母の入院、施設への入所などがありました。来年度は自治会、共有地会の会長に選任されたので不安もありますが、仲間に支えられ頑張って行こうと思っています。家庭では孫の面倒と掃除が担当なので、家族にも迷惑が掛からぬようボランティアと家庭の両立を計ると、決意を新たにしております。

さいたま市主催防犯パトロール

12月22日 15時~ 40名参加

 

今年度はさいたま市から、防犯部が日頃の活動に対して表彰を授与しました。防犯部長にさらなるプレッショーが掛かり体重も45kgを割り込みました。我が自治会の特徴は、各部長が優秀で一斉会長に負担を掛けず、会長が上部団体の南区の仕事に専念させられることだと思います。

但しうちの会長は、夏祭り、お囃子、消防団、趣味は猟銃、仕事でも総理大臣から勲章を授与する程の人間で、自分を常に追い込んでいます。いつも忙しそう、もう70歳です、マイペースでのんびり頑張ってほしいです。

 

ゴルフコンペ 青空会

12月19日(水) 7:30~ 根岸ゴルフコンペ 

 

 

青空会の名称を変えて105回目です(年間10回

(7、8月中止))。ボランティア仲間で、たまには楽しもうとの趣旨で始まりました。5組20人限定で、ゴルフ以降の2次会(私は2次会命)も含め、あまりに楽しいので常にキャンセル待ちです。一度欠席すると何か月出席できません。

半年前に始めた52歳の女性で、ゴルフがこんなに楽しいとは思わなっかとレッスンプロと何度もコースを周り、今回なんと優勝してしまいました。

ゴルフ歴40年の私はグロスで負け、私のボールをレディースティとはいえ、キャリーで楽々越えていきました。愚痴は言いません!来年はリベンジです(ゴルフをなめていました。もっと時間と金を使います)。

 

 

 

 

消防訓練と夜警

12月16日 南消防署 気温0度 南区7分団(六辻第1、六辻第2、西浦和、別所、白幡、大谷場、谷田) 113名参加

1.1/13出初式のために礼式訓練実施(行進、気をつけ、休め、頭なか、右向け右など)

消防組織は東京都(都知事)以外市町村長が頂点

さいたま市は消防本部(消防署10ヶ所、1300名)と消防団(10ブロック62分団、2000名からなる)

チェンソー実技(震災時倒壊した家に侵入する)

PS:夜警始まる12/13~26 21~22時(提灯携帯、拍子木の合図で「火の用心」と叫ぶ)

根岸共有地会の法人化について

12月7日10~12時 さいたま市税務署 税務署員2名、司法書士、税理士、共有地会会長、理事(6名)

 

1.根岸共有地会の法人化について

1)現状の問題点

①発足(S15)から73年が経過して、遠方の会員の名義変更が未処理の方が多い。

②名義変更が会員各位に任され、手続き及び経費負担が大きい。

③土地の売買及び紛争時には、会員全員の承認を必要とする。

2)対策

④「一般社団法人根岸共有地会」とすれば、①、②、③の問題は解決する。

3)スケジュール

総会にて(H31/2/1)、「一般社団法人根岸共有地会」への移行を承認して頂く。

⑥H31年9月までに、「真正なる登記名義の回復」関係書類(委任の終了)を税務署へ提出し、課税無き方

 向で会員の土地所有権移転させ、非営利型「一般社団法人根岸共有地会」設立する(司法書士)。

 上申書(共有地の歴史、会員登記簿、固定資産税納付実績)の提出も求められる可能性がある(会長)                  

 この時までに「一般社団法人根岸共有地会」の規約(定款)を作成する(司法書士+会長)

 ⑦課税対象部分(地代、墓地管理費、永代使用権販売費)の税務署への申請する(税理士+各理事)

4)考察

 税務署員は一般社団法人根岸共有地会移行へ非常に好意的で、現在NPOから一般社団法人への移行が多い

 とのことです。当時は共有地会としての登記はできなかったので個人で登記を行った事情や、固定資産税を 

 共有地会が払っていることを鑑み実際の所有権は共有地にあることを認めて頂いた。税務署には上から目線

 のイメージしかなかったので、親身になってくれ、話の分かる税務署員を見て驚きました。

 

行政との意見交換

11月5日(水)13~16時 南区役所    

「住民からの課題を行政が見解を述べる質疑応答形式」

毎年死活問題にも発展する市民の生々しい声が発せられ、市(日本)の問題点が浮き彫りになる。

 

1)羽田空港増便による飛行経路(騒音、落下物の対策は?)

2)水深団地建替え計画について(高齢化率80%毎年10名位死亡、新入居者ゼロ、限界団地?

3)ゴミの戸別収集依頼、キャスター付きポリバケツの提案(高齢化、外国人無分別)

4)増える外国人の対応について(H31/2/2に南区主催の芝園団地役員による後援会がある)

 

 

阿弥陀堂ブロック塀改修工事

阿弥陀堂ブロック塀改修工事が始まりました。  本年6月の大阪北部地震で小学校のブロック塀が倒れ、女児が死亡しました。            国土交通省より薬師堂、阿弥陀堂のブロック塀の改修工事をするよう行政指導受けました

 

 「工事日程予定              1)根岸阿弥陀堂 H30年12月1日~1月15日   2)根岸薬師堂  H31年   3月1日~4月30日

今後、公会堂法面土木工事、公会堂、薬師堂、神明社等の耐震工事も検討しております。来たる直下型地震、南海トラフ地震の備える処置です。

 

 

 

 

 

おはよう挨拶運動

11月30日 7:45~8:15 南浦和小学校教育委員長、校長・教頭・先生、PTA、根岸・白幡自治会員、婦人警官(30名) 

                        通学する児童へ、大きな声で「おはようございます!」とエールを連呼しました。        児童から、「いつも見守ってくれてありがとう」との涙腺が緩むような返事をいただきました。   あなた達は、地元の、日本の宝者です、私たちが支えますとの気持ちが通じたようです。

防災訓練

11月25日(日)10~12時 根岸公会堂    参加者53名 南消防署2名 六辻第1分団8名

1)初期消火訓練(消火器実施訓練)      ①安全ピン引き抜く②ホースを火元に向ける③レバーを強く握る④その他:使用時間15秒、飛距離3~6m

2)煙体験                                    ①口と鼻をハンカチで覆う②低姿勢で移動③壁に沿って移動

3)通信訓練                 ①初期消火行う②119番へ連絡→名前、住所、何階を報告→初期消火の有無→現況報告

 

水害対策勉強会

11月16日 15~17時 南区役所 120名参加

1.荒川の改修工事の100年の歴史 

1910年、台風により荒川314ヶ所決壊 死者401名、家屋約3万戸破損流失、農産物被害現在価値で1,000億円。国の直轄事業として荒川の改修工事が始まる。第二・三の調節池を1,670億円掛けて、H30~H42で実施中。

2.荒川決壊時の西区、桜区、南区の被害状況をハザードマップで説明及び各区の指定避難所提示。

3.避難のタイミングを「テレ玉データ放送」での確認方法の解説。

さいたま市は飛騨山脈等が台風進路を防ぎ、荒川改修工事も進み、恵まれた市であると痛感する!

 

 

自治会旅行

11月11日(日)7~18時 89名参加

 

榛名湖へ自治会日帰り旅行で紅葉狩りに出かけました。紅葉時期が過ぎて高速道路はガラガラでした(冬の海辺、夏のスキー場は穴場と言います)。 平地は23度、湖畔は15度ヒヤッとしました。80歳を過ぎたおばあさん達が馬にまたがり大騒ぎ(落馬で寝たきり)、ボートで湖畔にペアで漕ぎ出したり(ボートがひっくり返ったら80歳の失楽園)、ヒヤヒヤで双眼鏡で監視してました。   湖畔1周コースがあり、湖畔を見ながらの林道の散策は、浮世を忘れさせます。

青少年育成会 紙すき体験

11月3日(土) 8~16時 児童47名 校長、教頭先生以下5名、子供会4名 育成会10名

 

1,300年前に高麗人により小川町に、紙すき技術が伝えられました。江戸の大消費地に支えられ、紙すき屋は750軒を越えました。ユネスコは2014年に無形文化遺産に登録しました。 江戸の商人の大福帳は全て小川町で製造されました。       紙すきの歴史、製造方法をビデオ鑑賞し、実際に自分の名前を透かした和紙をすきました。     バスの中は児童のカラオケ三昧、ガイドさんは酔払ったオヤジ同じくらいに、手を焼いてました。

共有地会第43回旅行

10月29~30日 福島県母畑温泉(八幡屋)

 

昭和50年から始まった共有地会旅行も、43年目を迎えました。参加人数は会員55名中19名でした。かつてはほぼ全世帯出席でした。当時は70%の世帯が自営業でした(現在10%)。出席者はごらんのように平均年齢が70歳弱のサンデー毎日の方々です(写真は津波の爪痕残る塩屋崎灯台)。 宴会は、「お嫁においで」、「高校三年生」、「お座敷小唄」、「お富さん」など50年前のヒット曲で盛り上がりました。その曲に合わせて踊ったら、「鈴木さん、軽すぎる!」と大爆笑、会社ではスズキカルタス(軽自動車)が私のあだ名でした。

武蔵浦和コミセンまつり

10月27日(土)南区役所9F 10~16時   

 

世代や国を越えて伝えたい伝統芸能」として、発足35年の根岸囃子連がオープニングを飾りました。「おかめひょっとこ踊り」、「獅子舞二頭ボケ突っ込み舞」、「コミカル大黒舞」は観衆の笑いを誘いました。さすが「シラコバト賞」受賞チームです。ただ、チーム平均年齢も70歳を超えて後継者不足です。練習は隔週土曜日19~21時です。練習の見学大歓迎です。HPにてお問合せください。お待ちしております。

 

芸能の集い

10月20日(土)10~16時 文化センター

 

地元選出市会議員後援会主催「芸能の集い」に根岸囃子連が参加しました。                        「獅子舞」「おかめひょっとこ踊り」「大黒舞」は国宝級と大絶賛です。 

                      「芸能の集い」はジャンル(カラオケ、フラダンス、民謡、舞踊、ダンス等)にとらわれることなく、笑顔あふれる地域の実現に向けて、日頃の成果を発表する場として定着しております。

認知症サポーター養成講座

10月13日(土)13~15時 根岸公会堂 30名

 

今や認知症は25%の人が掛かる白内障、癌と同等な一般的な病気です。脳の細胞が死んで脳が委縮する病気です。認知症の70%がアルツハイマー病、記憶障害や時間、場所、人物の特定ができなくなる見当識障害です。高血圧、高脂血症、肥満で発生率が2倍に増えます。妻の手料理の味が濃くなったら、認知症1丁目、冷蔵庫に同じ食材がたまり出したら2丁目、すっぴんで外出するようになったら、3丁目、今宵は怖くて眠れませんでした。

消防緊急無線訓練

9月7日(日)9~12時 南消防署 5分団55名参加

 

1.無線訓練                    指令センターと各分団ポンプ車の、災害時の情報を共有化する。

1)出動要請2)出場報告3)認知状況4)現着報告5)活動終了、引揚報告

 

2.消防団員募集               全国消防団員数は、63年前の194万人をピークに現在86万人。各市町村長は大学生入団者には、「認定証明書」を発行。官公庁の就活に有利です。

ふるさとふれあいフェア

10月6日(土)10~15時 浦和競馬場

地元の住民の世代間交流を目的として、各自治会がサポートした手作りのフェアも、今年で16回目となります。                  ドローン体験広場、ポニー乗馬、ミニ新幹線、各種アトラクション、ステージで盛り上がりました。写真はフリーマーケットですが、年々出展店舗も減少傾向にあります。「メルカリ」(ネット中古品販売)が影響しているとのことです。今年の世界長者番付は、マイクロソフトのビル・ゲイツに約2倍程度の差をつけて、アマゾンのジェフ・ベゾスが1位となりました。店で購入するのは高齢者ばかりです。

 

文蔵自治会防災訓練

9月30日(日)9~12時 文蔵小学校 152名

消防署員4名、六辻第1分団9名 校長、教頭先生  

 

文蔵自治会主催防災訓練を南消防署、地元消防団が合同でサポートしました。

1)荒川決壊時の避難シュミレーションを、ハザードマップを使用して解説する。

2)心肺停止時の「人工呼吸法」、「胸骨圧迫法」、「AED使用法」の実施訓練を行う。

3)消化器使用法の実施訓練を行う。

4)三角巾使用法の実施訓練を行う。

台風24号接近中で普通は中止。大勢参加の文蔵自治会は怖いもの知らずか!と思った。

 

 

 

 

 

南小祭

9月29日(土)10~14時 南浦和小学校

 

青少年育成では「南小祭」に綿あめと水ヨーヨーを、共に50円で販売し売上を南浦和小学校PTAに、寄付させていただきました。雨と気温20度で、かき氷の販売は中止させていただきました。長蛇の行列で3時間ほどで完売となりました。

校長先生も南浦和小学校のレゴの入った赤いハッピを着て、気合が入っていました。私の娘もバザーで孫の為に、たくさんの童話を買ってきました。私の家族は孫で南浦和小学校通学5代目です。さすがにその様な家族は、少なくなっています。

お月見会

9月22日 18~20時 六辻公民館

 

第46回(46年)お月見会が開催されました。

辻、白幡、根岸の各自治会の理事及び南区区長、コミュニティ課課長、地元選出市会議員約100名が参加して飲めや歌えや大いに盛り上がりました。

 

今年は根岸自治会が幹事で婦人部は、2時より煮物、唐揚げ、太巻き、漬物と存分に腕を奮って頂きました。

こんなにも長い間続くのも、区役所、議員を巻き込むで「向こう三村両隣」精神で、大震災に備えて行こうとの気概の表れであると思います。

 

青少年育成会常任委員会

9月20日 14~15時 南浦和小学校     校長、教頭、根岸、白幡自治会長、PTA役員、育成会

1.夏休み巡回パトロール(夕方公園、スーパー等 にいる子供への声かけ)15回実施(延べ67名)2.南小祭(9/29) 模擬店の確認①かき氷250人分②綿飴200人分③水ヨーヨー200人分                               3.県外視察研修について(11/3)

  小3~6年生 47名 先生7名 子供会4名

  育成会12名 合計70名 場所、バス手配、

  弁当手配等の確認 

住宅土地統計調査のお願い

9月15日より2週間左記写真の封筒を持参して、「住宅土地統計調査」のお願いに伺います。   昭和23年より5年毎に行い今回は15回目です。今回は全国約6,000万世帯から、370世帯を抽出して実施いたします。               目的は1)耐震、防災、空家状況を確認して、今後の住環境のレベルアップを計る。        2)年収よる住宅、土地の所有状況を確認して、住環境レベルアップの効率の良い資金投入の参考にする。根岸地区の一部は私が担当します。ボランティア(調査員)をしていただく皆さんは、70歳前後の方が大半です。優しい対応をお願いします。

自治会活性化事例発表会

8月28日14~16時 さいたま市自治会連合会主催            事例発表日進町「秋祭り」松原自治会五十嵐会長

一度祭りを中止したら、町が寂れ始めた。自治会の労力と金を掛けずに祭りを行うため、老人会、子供会、高校生、大学生、民生児童委員、県警など巻き込み総動員で祭りを開催、演目は出演者に任せ、自治会は後ろで支えて、決して前にでない。小学校の体育館にビールケースで櫓(太鼓は小学生、青年会)をつくり、盆踊りを行う。スケジュールは12~18時の間に、盆踊り、全国第2位の地元高校生チアリーディング、県警音楽隊、小学生吹奏楽部、沖縄エイサーチーム(大学生)、一般参加(ジャズバンド、フラメンコ、台湾民族舞踊等)を披露する。校庭では白バイ、パトカーの展示し交通安全講習会、綿飴、ポップコーン、水風船の販売実施。

午前中には祭りを知らせるために、小学生がダンボールの神輿を担ぎ広報を行う。町であいさつを交わす人が増え、自治会、老人会、子供会の参加者も増えた。

 

 

さい銭泥棒

8月28日 午前8時 根岸不動尊

 

六辻交番より、不動尊のさい銭箱が横倒しになっていると、近隣の方より通報があったとの連絡がありました。                    警察官2名と状況確認を行う。                さい銭投入口より、棒でさい銭箱横倒しにして、トングなどを使用して小銭を盗んだものと考えられる。さい銭は回収したばかりで実害は千円前後と考えられる。根岸薬師堂を含めて監視カメラの設置を進められる。神明社でも何回かさい銭泥棒にあい、監視カメラ設置後は被害はない。

施餓鬼法要

8月17日(木)PM1~6時 医王寺

玉蔵院はじめ近隣のお寺のご住職十数名による施餓鬼会が、華々しく行われました(写真:黄金色のお札を撒いて僧侶退場の場面)。不思議なことに酷暑はおさまり、秋風が吹いてきました。新盆の檀家様約60名に御列席していただき、大盛況のうちに終わりました。                  塔婆は近年4尺にするお寺もありますが、やはり6尺でないと見立てが悪いです。価格も同じですので、4尺塔婆の方は医王寺の6尺塔婆に変更してはいかがでしょうか。受付は毎年8月1日9時からです。

 

檀家様一斉、墓地清掃

8月5日(日)7~9時 根岸薬師堂墓地

毎年恒例の墓地掃除ですが、年々人数が減り昨年は30人(檀家数300世帯、参加率10%)平均年齢70歳でした。もう限界、業者に任せる(費用20万円)しかないと思っていましたが、今年はなんと60名、平均年齢も50歳と世代交代しました。本当にうれしかったです。写真は地元の草刈職人の高窪さんで、危険な高木や法面の剪定(せんてい)を一手に引き受けて頂いております(一見ホームレス風ですが、マンションのオーナーで69歳にして独身、花嫁募集中、お金目当ての女性も大歓迎、寂しいです)。

 

 

盆踊り

7月3~4日(金・土)19~21時    文化センター北側公園

3日400名、4日500名の大盛況でした。

ケンタッキー250円→100円、お団子100円→50円、かき氷、わた飴、ポップコーン、水風船30円で、30分待ちの行列ができました。特にわた飴は縁日ですと、一袋1000円もするとのことです。

4日は戸田の花火大会もあり、北側公園からよく見えました。

浴衣を新調して、盆踊りに参加しました。

全然、リズムに合ってないと笑われました。

墓地管理費徴収

8月1日 9~14時 根岸公会堂

墓地の種類は村落共有墓地で、管理は根岸の神社仏閣及び公会堂等のオーナーである「根岸共有地会」がボランティアで行っております。管理費も年間3~4,000で相場の1/4です(その他、他の寺院は随時お布施を必要です)。

今までは墓地の修繕費は共有地会が払っていました。この度、行政から大地震に備えて墓地の修繕指導が入りました。神社仏閣の耐震対策も必要となり墓地の修繕費の一部は、今後檀家様にも負担をお願いすることも考えております。

 

 

 

 

神明社 御由緒他

7月31日 御由緒他看板設置

1、毎年恒例の駅からハイキングで、根岸神明社のみ御由緒がないので神社の歴史が分からないとのクレームがあり、ここに設置することを決めました。日本の全ての神社は伊勢神宮(天皇)に繋がっていることを認識しました。

 

2.神社、墓地での犬の散歩禁止看板設置。 神社や墓に入り犬に糞をさせる不届き者がいる(墓地の石碑に糞をそのまま放置)。「罰が当たるぞ!」と檀家様が怒る。そのような行為が既に罰が当たっている証拠です。

嵐の防犯統一パトロール

7月28日(土)15~16時 根岸公会堂

市内一斉防犯パトロールは3週間前ほどに、市より通達で猛暑にため中止指令がきました。

当自治会では既に2ヶ月前よりポスター、回覧で告知しておりましたので、一度集合していただき解散を考えていました。

台風12号とぶつかり、気温は30度以下となりましたが、雨・風のため中止としました。お土産を奮発したので自治会会員の皆様は納得して帰ってくれました。

昨年も台風でした、猛暑、台風などで7、8月のパトロールは今後中止したほうが良いと思います。

 

神輿浦和パレード

7月22日(日)10~19時 旧中山道

 

旧中山道新浦和橋下から調神社まで約2kmを、26基の神輿が練り歩きました。担ぎ手不足で昨年より2基減りました。担ぎ手全員が外人部隊の村もあれば、自前で担ぎ手全員を揃えた村もあります。

 

南浦和で10年前程から始めた「よさこい祭り」で観客を取られていましたが、ここ数年は観客が戻ってきました。

踊り手の高齢化とのことです。

神輿もよさこいも、「踊る阿呆に観る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ、損!損!」だと思います。半てんなどの衣装を、自治会などで揃えて誰でも気軽に参加できるようにすべきだと思います。

 

 

 

消防団ポンプ車定期点検他

7月22日(土)17~19時 3名 六辻第1分団消防詰所

 

1)ポンプ車定期点検(月1回)

①前方確認:左右ウィンカー、ハザード、車幅灯、フォグランプ、ヘッドライト(上下向き)

②後方確認:左右ウィンカー、ハザード、車幅灯、尾灯、ナンバー灯、制動灯、バックランプ

③タイヤ:空気圧、亀裂損傷目視

④走行時:赤色警告灯、サイレン、拡声器、無線等

 

2)草むしり(4回/年)

  草刈後除草剤散布

 

3)ホース天日干し

 

消防団員も高齢化が進み(平均年齢約50歳)、六辻第1分団は10名となりました。

 

消防団員として活動した学生に対して市長より、「学生消防団活動認証証明書」が交付され、就職活動で自己PRできます。活用しない手はないと思います。

 

私は定年後入団しました。老若男女問わずお待ちしております。

 

夏祭り2018

7月15日(日)6~21時37度 本祭り 根岸神明社   

 

7時に調神社より宮司を迎え、神輿魂入れをしていただきました。根岸隅々に神輿に乗る神様によって、穢れ、災いを取り除いて頂きました。

約500Kgの神輿(中型、大型は1t越え)を26人で担ぎます。

 

担ぎ手の9割は、根岸以外の人(外人部隊)です。ほとんどの地区が外人部隊なしには、神輿渡御は行えません。神輿渡御を止めてしまった地区もあります。とはいえ白幡地区は自前で行っているとのこと(素晴らしい!)。できれば半々ぐらいがちょうど良いと思います。 

面白いのは前半は神輿の揺れも少なく、「お嬢様渡御」と馬鹿にされます。後半徐々に他の地区の渡御を終えた外人部隊が増えて、「あらぶれた神輿渡御」と変化していきます。担ぎ手平均身長も170cmから180cmと変化(本日最高身長は192cm)。こうなると171㎝、63歳の私には手も足もでません。肩で担ぎ棒が暴れ、肩や横っ面を激しく叩きます(本当に痛い)。神輿の周りで、手を叩き大声で神輿を囃し立てます。       祭りは公会堂や接待所を切り盛りしていただいている御婦人たちで、支えられています(家庭も同じです、本当に女性は強い、かなわない)。

 

 

 

 

 

宵宮2018

7月14日(土)18~21時  宵宮 

 

宵宮とは、氏子全員が夕御膳を供え、夜通し祝詞を唱え飲食を行う儀式で各地で戦前まで続いていました。

自営業からサラリーマンへと働く形態が変化して、形骸化してきました。同様にお通夜も夜通し仏様の前で、お経を唱え飲食を共にして故人を偲んだとのことです。

 

写真は「根岸ダンシングチーム」で平均年齢80歳の妙齢の女性達です。毎年一人づつ、痴呆、寝たきり、お迎えとメンバーが減っています。6人、後6年は日本最高齢のフラダンスが見られます。

 

 

 

青少年育成会

7月12日(木)14~15時 南浦和小学校

校長、教頭先生、PTA会長、子供会代表、育成会メンバー計30名参加

 

年間行事の決定

1)巡回パトロールのスケジュール及びメンバーの決定

2)県外研修

①場所:埼玉伝統工芸館②11月3日(祝)③和紙作りの体験

3)南小祭

①9月29日(土)②かき氷、水風船、綿飴、ペイパーフラワー他

4)その他

夏祭り7月14日(宵宮)、15日(本祭り)②盆踊り

8月3、4日(金・土)

夏祭り舞台づくり

7月8日(日)8~16時 根岸神明社 

青壮年会、共有地会、自治会、婦人部総勢約50名で、毎年恒例の夏祭り舞台づくりを実施する。

平均年齢も60歳を超え、顧問(元会長職)に業者発注を提案するも、「地元の絆がなくなる」と拒否される。

地方から出てきた若者は都会になじめず、都市部も地方も、春の獅子舞、夏の盆踊り、秋の神輿、冬の神樂などの祭りがひとつ一つ消えていっているとのこと。

人手不足で、神社仏閣の修繕を担っていてくれた建設会社が廃業した。個人的に移民受け入れは反対であった。日本語、日本の文化・歴史を勉強してくれた人には、移民として向かい入れるしかないと思う。来年から移民法が改正されて、家族で移住ができるようになるとのこと。政治の無策が原因であると思う。

 

 

神輿蔵出し

7月1日(日)9~12時 根岸神明社 参加者43名

 

今年も各自治会(根岸、根岸3丁目、神明丸)、青壮年会、囃子連が一丸となって村祭り、浦和祭りに突入です。

 

神輿の起源を説明します。

貴族の乗り物を「輿(こし)」と呼び、神様を乗せるので「神輿(みこし)」と言い、平安時代から始まりました。

神様がお祭りの時に神輿に乗って、神社から出て村の隅々を回り、穢れや災いを清めます。

縄文時代の狩猟生活では常に移動をしたので、祭壇を持ち運びました、神輿の起源です。弥生時代に農耕が始まると定住するようになったので、神社が誕生しました。

 

 

遠距離放水訓練

6月30日(土)9~12時 浦和競馬場

 

大規模災害を想定して、自然水利を利用して根岸第1、2、白幡、大谷場消防分団など南区7分団による遠距離放水訓練が、浦和競馬場で行われた。

ポンプ車(消防車)間を20mホース×8本で各分団ポンプ車を連結して、根岸第1ポンプ車で藤右衛門川より揚水して、各ポンプ車を経由(1.2Km)して最後の白幡分団のポンプ車から放水した。                             ホースが劣化しており、交換を要するホースも何本かあった。

J:COMで7月3日(火)17時〜、22時〜、22:30から放映される。兎に角暑くばててしまった。年寄りには難儀な訓練であった。

 

青空会

6月20日(水)19名参加 大雨 鷹CCにて

 

地元根岸の有志で青空会が発足して10年が経過し、今回101回目となりました。

私は腰を患っていて、10年振りのゴルフです。

ゴルフをなめていて、練習もしないので今回もブ-ビーメーカーです。次回は9月なので少し練習をしたり、散々読んでお蔵入りしたビックスギ(杉本英世)の名書、「1年で100を切る」を再読します。

先輩に自宅まで送迎して頂き、19番ホールはメンバーのママの居酒屋でどんちゃん騒ぎです。

頭の下がる思いです。次回は諸先輩に、私のボールを探させるような失礼なことは、させないように努力します。

サラリーマンゴルフより格段に楽しいです。

 

防犯部 受賞に感涙!

6月16日 15~16時 根岸公会堂出発

 

5年前には防犯部長ひとりでパトロールしていた崩壊寸前の防犯部を、立て直し県知事名で表彰されるまでになりました。

ひとえに防犯部員(写真)の努力の賜物です。

 

御年94歳の仙人(旧大日本帝国陸軍出身)を筆頭に、80歳代の長老、師匠に背中を押されて、我ら60歳代若手が、雨にも風にも負けずパトロールをし続けた結果だと思っています。

この受賞をきっかけに、もっとたくさんに人に声かけを行って、人数を増やし平均年齢を下げていきたいと思います。

消防団スキルアップ研修会

6月10日(日) 9~12時  大宮消防署

 

今年1月に3日間掛けて行った実技講習(成人・子供・乳幼児対応、胸骨圧迫、AED、人工呼吸)、三角巾(固定・止血・被覆法)おさらいを3時間で実施しました。定期的におさらいは、今後も行うとのことです。         近々に発生する地震に備えて、市民に救助法を伝授するお手伝いを消防団にもしてもらいたいとのことです(さいたま市民130万人に対して消防署員は1,300人)。    講堂は空調が壊れていて蒸し暑く、帰りは傘を忘れて濡れ鼠、苦行でした(車は隣の自治医科大で夜勤している娘が使用、一緒に帰れたのに、冷たい!)。たまのゴルフは雨、たまの旅行は台風、何故!「俺は雨男」と言ったら、「罰が当たっている」と女房。

 

 

 

 

 

青壮年会第36回総会

青壮年会第36回総会 19〜21時  魚座

 

会員は36名平均年齢は60歳を超えています。

ハッピー会(老人会)メンバーも多数います。

炎天下のお祭の舞台づくり、盆踊りの櫓作りは拷問に近い苦行です(昨年より櫓作りは業者に頼みました)。

 

青壮年会最大のイベント、夏祭り神輿渡御(村祭り、浦和祭り)に向けて、会員全員で大いに飲み食いし、気合を入れました。

 

青壮年会が発足して36年、村のボランティア(自治会、消防、囃子連)また公会堂、社務所の持ち主の共有地会に各会長を始め、多数の会員を輩出しています。

自治会第3回理事会

理事会 6月3日(土)10~12時 根岸公会堂

 

毎月恒例の理事会風景です、病気や高齢で今年度で退官する理事も複数人います。

今回数名、新理事候補の方に御出席を頂きました。

 

一ツ木公園で不審火が4件続けて発生しました。        自治会の申し出により、直ちに屋外炎センサー警報器5台を、さいたま市消防局に設置していただきました。

先般ブログに書きました、「架空請求ハガキ」などの詐欺事件も含めて、自治会、警察、消防で密な情報交換をして、被害を最小に留めるよう努力をします。

 

 

 

法面除草

6月3日(日)9~12時 公会堂 参加者10名

 

年々会員高齢化と世代交代がうまくいかず、参加者が減っています。今年の平均年齢は68歳です。

気温も30度を超え、老体にムチを打って除草、除草剤散布を行っていただきました。             公会堂、神明社、薬師堂、阿弥陀堂の掃除を全て業者に委託すると年間約150万円掛かります。        檀家様一人当たり管理費5,000円のアップとなります。     既に一部は青壮年会にも御助力頂いております。    そろそろ檀家様にもこの情報を提供していかなければならないと思っております。

 

 

根岸自治会に感謝状!

5月29日(火)14~16時 南区役所

快挙!長年の防犯パトロール活動の実績が認められ、上田県知事名で根岸自治会に感謝状が贈呈されました。

埼玉県は全国一防犯パトロール団体が多い県で、上田知事自ら音頭を取っています。

全国でもH16年度から昨年度(63,383件)まで約65%も刑法犯が激減したのは、自治会を中心とする防犯パトロール活動であると警察も認めています。

昨年度旧浦和市では、1位が自転車盗222件(昨年比-35件)、2位が万引き92件(+7件)です。

振り込め詐欺は29年度旧浦和1,730万円(全国395億円)でした。

ゴミゼロ運動

5月27日(日)9~11時 文化センター北公園(50名)

 

ゴミセロ運動は1982年に関東知事会が提唱して、全国各地に広まりました。

各自治会では軽犯罪法条例を定めていることろがあります。横浜市では2万円の罰金を科しています。

日本は「ゴミ大国」でダイオキシン排出量も世界一です。家庭からでるゴミは年間3300t、約60%が生ゴミです。つまり私たちが意識して食べ残しを減らしていくことが、重要な課題となっています。

 

ここ数年参加者が何故か徐々に減っています。

もう少し、お土産を増やした方が良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

根岸共有地会の法人化

4月22日(日) 根岸薬師堂にて

1.現状

1)根岸薬師堂は発足以来73年が経過し会員の名義変更が未処理の方が多い。

2)遠方に移転し連絡のつかない会員もいる。

2.問題点

1)地代など紛争時に会員全員の承認を取る必要があり、法律上争えない。

2)名義変更が会員各位に任され、手続き及び経費負担が大きい。

3.対策

1)一般法人化すれば名義変更の必要はなく、名簿を変更するだけで済む。

2)法律的紛争時も「一般社団法人根岸共有地会」として争える。

4.スケジュール

1)会員50名の名義変更を確認する(H30年度末)。

2)任意団体より法人化する場合に所得税が掛からないように、非営利型法人に移行すべく進める(H31年度末)。

3)対税務署対策で、顧問税理士の選定を行う(H31年度末)。

5.考察

不明者の名義変更、税理士費用、年会費支払い、事務所選定など全て取り決めて、総会で了承していただかないと、

法人化の移行はできないのでまだかなり時間は掛かると思われます。

さいたま市消防出初式

1月7日 午前10~12時 大宮消防署

 

さいたま市消防局トップの清水市長の基、さいたま市大宮消防署員及び消防団(64分団1,200名+子供消防団100名)が参加をして出初式が盛大に実施にされました。

写真はさいたま市木遣り保存会と若鳶会によるはしご乗りです。元々は火消の準備運動で始まったものが技を競い合うようになりはしご乗りのスタイル(形)の雛形が出来ていきました。ヘリコプターよる救援活動及び放水写真は「消防団・六辻第一分団」コーナーにあります。

 

調神社でポンプ車両のお祓いをしていただき、新年会では50年ぶりに「七草粥」を頂き、祖母を偲びました。

内谷2丁目自治会会長及びさいたま市南区役所コミュニティー課様のご尽力により、この度根岸自治会のホームページを開設することができました。ありがとうございました。

 

このホームページをご覧になり、根岸神明青壮年会、根岸囃子連、消防団にご入会ご希望の方は、根岸自治会ページの最後の「お問い合わせ」よりご連絡ください、心よりお待ちしております。

 

今後とも根岸自治会へのご協力をお願い致します。